「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【ベトナム旅行にっき②】メコンデルタをクルーズしてみた。その4。
そしてそろそろお腹もすいてきたなぁと言うところで
お昼の場所へ移動。

途中の道に水牛が!
a0147661_3433638.jpg
ナチュラルすぎる…
っつーか、沈みすぎっぽいけど大丈夫なのこの子…?
(水牛の生態がよくわかっていません)


ちなみにお昼ごはんは、ツアーのしょぼいご飯に、
ほかに食べたい人はオプションで何かつけるというシステム。

普通にしてると写真手前の申し訳程度のご飯しか出てきませんが、
お金を払えば名物・エレファントフィッシュ(写真奥)も食べられます。
a0147661_3454922.jpg
ただしでかいので一人参加者には無関係です(はぁと)


そして、今のあたしに重要なのは、名物エレファントフィッシュでは
ありません。

もうね、全然違います!

大事なのはそう、もちろんコレです。
a0147661_3445738.jpg
あたしのベトナムでの命の水!
333(バーバーバー)ビール!!

ホントウマー!
暑い場所で、すきっ腹にビールウマー!
(なんとなくダメ人間っぽい書き方)


というわけでビール2本とゴハンをいただきましたよ。
a0147661_344449.jpg
肉は死ぬほどミニマムだったけど味はまぁ普通でした。
ごちそうさまー!


食堂にいたわんこ。
a0147661_3464516.jpg
暑いのでグダグダしてた。かわゆし。


そして食堂にあった扇風機。
そのメーカーは…
a0147661_3473642.jpg
【ITASHI】


イタ…シ…?


(致し?痛し?)


謎…!!


でも、変な日本モチーフっぽいロゴはよいと思います。
ITASHI。
意味わかんないけどな。



ちなみにここで一応ツアーのイベントは終わりなので、後は帰路へつくのみ。

バスと船でホーチミンに帰る方法を選べるのですが
(船は早い分有料だったので、あたいはもちろん無視)、
バスで帰る人は出発まで1時間ぐらい間が空くことになってしまい、イッキに暇に。

陸の孤島みたいなとこなので、特にやることもなく、
みんなおのおのサイクリングとかしたり、
同じツアーの別の人と話したり、
常設のハンモックでのんびりしたりして時間をつぶす感じに。


これがそののんびり用ハンモック。
いる人全員超グダグダ。
a0147661_3501910.jpg
世界各国の気だるさがすごい。


まぁ、あたしももちろん、他の人と話すほどの英語力もなく、
そもそも非常にネクラなので(←重要)
こうなったらハンモック占領にきまりだー!
一人で音楽聴きながらのんびりするぞー!

と決意し、

木漏れ日の中でハンモックでゆらゆら…。
a0147661_3511910.jpg
(私目線の写真なのでハンモックが写っていませんが)


あぁ…シアワセ…。


ホントのんびり…

のん…


び…



……グー。


のんびりっつーか、通り越して、いつの間にか思いっきり寝てました。
a0147661_352659.jpg

これはね、ビール飲んだのとシャッフルで流れてきてたサニーデイサービスの
せいだと思う。

今ベトナムにいるのに、「東京」が流れてくるなんて熱いぜ…プププ…

とか頭の悪いことを思ってるうちに夢の中でしたよ。

ここにきてまさかの熟睡…!


ただ、バスの時間に寝過ごすかと心配されましたが、
そこは生粋のA型ですので、もちろん集合10分前にばっちり起きましたわよ。

もー自分に惚れそう☆
遅れてみんなに迷惑はかけられないしねー!

さー時間だし、ホーチミン戻るか。


…とか思ってたら、

むしろ、


ガイドがハンモックで寝過ごしてた。


自由すぎる…!

ちなみに、他の人が起こしてもしばらく起きなかったです。

なんかちょっと、自由で感動しました。



a0147661_353426.jpg
帰りの船。
ちょっと落ちかけた午後の日差しがキレイ。

a0147661_354238.jpg
バスですよー
乗ったのはコレじゃないけど。

a0147661_3542323.jpg
ちなみに何かいろいろ理由があって、帰りはバスの運転手の隣に乗ることになり、
ベトナムの鬼のようなバスの運転を一番すごい席で目の当たりにすることになりました。


なんつーか、ホント、すげぇの。


アナタは天性の負けず嫌いさんなの?っつーくらいすごい勢いで前の車を抜こうとするし、

意味もなく鳴らしまくりのクラクションでリズム奏でまくりだし、

運転しながらケータイがんがんかけてしかもたまに喧嘩してるし、

そんなバスの目の前をふらっと2人乗りとかのバイクがじゃんじゃん入ってきてそれも怖いし、


いやーもう。
興味深いっつーか、
なんつうか。


ベトナム、すげぇ。


ホント、人生で乗ったバスで、一番、アレでした。


でもまた乗りたいかも、一番前。
面白かったなー。ウフフ!
(懲りてません)


まぁそんなこんなで、無事にデタムまで帰ってきましたとさ!
はああああ楽しかったー。

よく考えたら食って寝てただけだけど、楽しかった!


やはりメコンデルタはオススメですー。観光っぽくて。
皆様もベトナムに行ったら、ゼヒどうぞ☆



それじゃあ次回は、一部で有名なアレなテーマパーク、
スイティエン公園をお届け!
テーマパークだけど一人!笑ってても一人!ワニを釣っても一人!

チェケラー☆


【ベトナムたびにっき③】に続く。
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-23 04:08 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき②】メコンデルタをクルーズしてみた。その3。
その後もう一段階小さなエンジンのついた船に乗り換えたら、
今度はさっきよりもさらにジャングルクルーズな感じのクルージングに…!
a0147661_3353861.jpg
一番前に乗ったせいもあって、これは相当面白かったです。
まさにジャングルの中の川を突っ切ってく感じ。
ただし日に当たりまくりなので、日焼け止めは念入りに!

a0147661_3344741.jpg
橋の下もくぐります。
ヒャッホー


a0147661_3342591.jpg
また向こうからもキター
コンチクワ!
(さっきと同じ流れ)


そうやって進んでくと、休憩所的なものが見え始めます。
a0147661_334263.jpg
何かうろ覚えですがこの辺に、ココナッツキャンディー工場と
お昼ごはんの場所があって降りたような気がしますのよ。
船乗って移動しすぎてもはやあやふやです。


まずはココナッツキャンディー工場見学。
a0147661_3362720.jpg
どっさり飴作ってるよ。
工場っつーか、家族でやってます的なアットホームな感じで。

a0147661_336501.jpg
わーいもらったー!
ピーナッツ入りココナッツキャンディー。

味は、ココナッツの香りのキャラメルみたいな感じです。
あったかかったのでとろけておいしかった。
ゴチソウサマー!

この後ココナッツキャンディー販売タイムっぽくなったので
おいしかったからお土産に買おうかなとも思ったけど、
案外誰にお土産にしたらいいか思いつかなかったので
とりあえずやめてみました。

買い物が下手です。


その4につづく!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-23 03:42 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき②】メコンデルタをクルーズしてみた。その2。
ハチミツのポイントがひと段落すると、
ツアー一行でぞろぞろとまた次のスポットへ歩いて進むことに。

a0147661_320239.jpg
移動の道すがら見つけたおはか。
色がきれいだったのでついパチリと。


そして次のイベントはトロピカルフルーツを食べながら、
ベトナムの伝統音楽を聴くというもの。

a0147661_3203397.jpg
フルーツウマー。
ここで食べてるピンボケのコレが何のフルーツかわからないのですが、
おいしかったです。まろやかで。

あとこの後ろにあるドラゴンフルーツ、はじめて食べたのですが、
甘くないキウイみたいな感じなのですね。

ってか甘いもの食ってばっかー!

a0147661_3204484.jpg
声のきれいな女性たちが伝統音楽を次々に歌ってくれます。
すごく素敵でした。

後ろの楽器ひいてるおっちゃんがいい味出してた。


そしてそこも終わるとサクサク移動して、
とうとうメインのクルーズへ!
a0147661_321979.jpg
船のりば。
…って混雑しすぎですよ!

a0147661_3212554.jpg
コレはヤバイ…
この中の船に乗ったのに、自分の船がどうやって
このカオスから出たのか思い出せない。


て言うかさすがにこれは無理じゃね…?

詰まりすぎじゃね…?


なのに気づいたら

a0147661_3215890.jpg
抜け出せるものですねー!

しかし4人も乗ってたのに、華奢なお姉さん(+後ろのおっちゃん)が
2人でガンガン漕いでいたよ。
私でよければ手伝いましょうか…?って気持ちになったですよ。

おおお、重くてすみません!


a0147661_3222088.jpg
はー、ゆるやかゆるやか。

クルーズっつーからものすごい疾走!って感じのイメージですが
この手漕ぎボートのとこはものすごいのんびりしてて、
漕ぐ音と鳥の声くらいしかしか聞こえなくて、
自分が船に乗ってるのも忘れそうなくらいの静けさです。

正直、寝かけた。
あの世に行きかけた。

のどか過ぎて。

この船で一人でお昼寝したら幸せそうですね…フフ…
(逃避)


a0147661_3225174.jpg
向こうからたまに船が来る。
コンニチワワ!

a0147661_3231673.jpg

そうこうしてる間に、細い河から大きな流れの出口へ。
ここで手漕ぎボートは終了です。

はー、短い時間だったけど楽しかったぜー!


その後は昼食のため、また船で移動。
今度の船はハイスピードで大きな河をぐいぐい突っ切ります。

全然関係ないけど、移動中に見かけたすごい船。
a0147661_3234442.jpg
何か、自由すぎる。


その3につづく!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-23 03:31 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき②】メコンデルタをクルーズしてみた。その1。
■メコン河クルーズにいってきたのですよ。

そうそう。やっと本格的な観光旅行っぽい話になりますよ!
メコンデルタのクルーズツアー。
ジャングルっぽい川をボートでクルージングしちゃう的な、そんなツアーなのです。

もうね、あたしはコレに行きたくて行きたくて。

何せ、ディズニーランドのジャングルクルーズで育った世代ですからね。

いつどこからゾウさんの不意打ちの鼻シャワーに襲われても
問題ないくらいの心意気で日々生きてるし、

一番恐ろしい場所はジャングルではなく人間の文明社会だってことも、
十分にわかっているわけです。

(ジャングルクルーズ好きな人限定のネタで。)

まぁその前に、メコンデルタはジャングルって呼んでいいのかよくわかりませんが。
ジャングルの定義がよくわかっていませんよ…!


そんな前置きはさておき!
ベトナムに着いて早速キムカフェという、バックパッカー御用達の
格安ツアー会社に行って申し込み、ガッツリ参加してみましたよー!

確か$9の一日コース。お昼つき。格安!
さすがバックパッカー向け!ヒューヒュー

というわけで、日帰りメコンデルタにれっつごー!


まず朝からバスでホーチミン⇒ミトーという街へ移動。
その街からクルーズの支流にいく船が出ているのです。
a0147661_2434867.jpg
ちなみにあたし旅先でのバスが大好きなので、
音楽を聴きながら車窓の風景に思いをはせるのが旅で一番好きな瞬間。

電車やバスからの車窓の風景は飽きることがありません。
ずっと乗ってたいくらいです。
自己完結型なのです。ウフフ!

a0147661_24494.jpg
ミトーの船乗り場に到着。船に乗っちゃうよー。

a0147661_2442717.jpg
隣の船のキッズ。みんな手を振ってカメラを向けると
照れながら手を振ってくれますた。
いいコたちすぎて萌え…!

a0147661_2444586.jpg
メコーン。

a0147661_245511.jpg
メーコーン。


ちなみに着いた先ですぐに手漕ぎボートに乗るのかと思いきや、
そんなはずはなく。
ツアーなのでその他にもいろいろなイベントがあります。
(日本の日帰りバスツアーとほとんど一緒です)

英語がわからないのでどういう順路かいまいちわからなかったのですが、
まー団体にそのままついてきゃ問題ないのでサクサクと。


まずはハチミツ系の場所(?)へ。
a0147661_2463087.jpg
ミツバチを見せながら英語でガイドさんが何か説明してたけど、
英語がわからないのでそのへんウロウロしてました。

説明が長かったので、多分日本語ガイドでもそのへんウロウロしてたと思います。

私の動物占いはオオカミです。
(単独行動をしたがります)


説明が終わったら、バナナチップ&ハチミツ茶試食。
a0147661_247126.jpg
あああ、あまー!!
でもお腹すいてたので、まぁなかなかイケるやも。
バナナチップは普通に慣れ親しんだ味でおいしかったです。


あとそこで見たのは怪しいお酒とか
a0147661_2472412.jpg


変な魚とか
a0147661_2474221.jpg
キモー!!
(コレが名物エレファントフィッシュなのかしら?)


観光客向けに待機していると思われる、満を持した感じのヘビとか
a0147661_2475983.jpg


まぁこの辺は全体的に、日本のバスツアーでもあるように
観光もかねてお土産買うとこに寄るみたいな、あんなイメージで。


「バナナチップ買って!」「ハチミツ茶はどう?」っていう空気まんまんでしたが、
おキャネのない私は買い物は一切せずに乗り切ってみましたよ。


その2につづく!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-23 03:08 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき①】ホーチミンぶらぶら。その5。
■そういえば観光名所…

あ、何か今思ったんですけど、ここまで書いてきて、


メジャーな観光地の写真が全然ない…


ということに気づきました。
気づいてしまいましたんですのよ。

ホーチミン観光といえばの、統一会堂や中央郵便局、ベンタイン市場の中とかね。
普通そっから旅日記は書くべきじゃないのかって。
思うよね。

いや、市内のメジャーな観光名所はね、一応行ったんです。
ガイドブック持ってないなりに、メモと地図片手に進みましたとも。

ただね、それなりに行ったんですけど、
あんまこう、なんつうか、
あたしメジャーな観光名所より、
街のひとつひとつへのつっこみのが楽しくて夢中になりすぎてて、


行ったもののどこも殆ど中に入ってないっつーか、


それっぽく入ってみたとこも写真が全然ないっつーか、


むしろ中にいたつっこみどころ満載の各国ツアー客の行動等を
目で追うのに夢中になりすぎてたっつーか、


べ、別にあんたたちのこと、忘れてたわけじゃないんだからね!
っつーか…



…すいません…。

(なぜか謝る)


でもね、インターネッツにおいては、素敵な旅ブログが山ほどあるのです。
もうホント、そういう方のとこで見て頂けるとうれしいです。観光名所のことは。
ホントね、間違いなく満足頂けると思うの。

と、さわやかに匙を投げてみます。


とはいえ、申し訳程度なんですけど、
一応写真もあることはあるので、
何もないのもアレなので載せておきますね☆

a0147661_36414.jpg
(まさかの適当なダイジェスト)


えーと、この中だと、あたし的には、統一会堂の前の公園
ボンヤリしてる現地っこを眺めながら、
落書きとかしてぐだぐだしてたのが、感慨深い思い出です。

徹底的に観光に不向き。


あ、ちなみにぼーっとしてたのはここの公園です。
a0147661_38282.jpg
あんまのんびりできない立地だけど、異常にでかい木に囲まれてて
木漏れ日もキレイで、気持ちがよいのですだー。

公園のまわりではアイスいっぱい売ってて、
暑いホーチミンではそれも非常に嬉しいところです。



ちなみにベンタイン市場はちゃんと行って、
しかもすごい楽しかったんですけど、
店がありえんくらい密集してて通路が狭くて、
非常にカメラが構えづらかったため写真がないのですー。

まぁもともとあんまり買い物もしないので、
ブラブラしただけだからというのもありつつ。
(って単にお金ないだけだったんですけどね。ウフフ!)

ここはホーチミン旅行者で行かない人はいないと思うので、
スリとぼったくりに気をつけつつ楽しんできてくださいまし☆

もうね、他のアジアとかでもそうだと思うけど、
観光客もいっぱいいる市場なので、
値段交渉するのがやたらと楽しいです。


ちなみにハタ式・お買い物を楽しむポイントは、


本命の欲しいものの交渉に入る前に、
そこまでいらないもので交渉の練習をしとくべし


です。

まー普通っちゃ普通だけど、
コレ、大事なんだぜ…?


なんつーか、人間、欲しいものにいきなり出会っちゃうと、
うわー欲しいこれやばいー!で目の前がクラクラしてきちゃって、

「そんなに高いならじゃあいらないわ☆」

って去ろうとして値下げさせる駆け引きの時の、
切れ味が鈍るのです。


いやいや、いらなくないっしょー。

欲しいでしょフツーにー。


とかって、一瞬心の中で自分につっこんじゃいますからね。
それによる間(ま)がまず最悪ですし、


「じ、じゃあいらない…(声か細め)」


とか言いながら、去ろうとしても去れないの。
欲しいから。

去るっぽく見せかけて、
その場でまさかの足踏みなんかしちゃうわけですよ。

しかも、足踏みしながらもつい、商品をチラ見しちゃうの。
なんせね、欲しいから。

行く振りしてんのに足踏みしながらチラ見とかホント、
最悪にも程がある。

もうね、この時点で完全に交渉に負けてますからね!


…って、人事みたいに言ってますけど、これあたしですから。

激カワイイアジアンな斜めがけポーチを目に捉えてしまい、
欲しい欲しいスイッチが入り、やってしまいましたとも。

向こうを強気にさせるだけのことはやりきった感があるわ。
ちょっと割高なのに笑顔で手を打ってやったわ。

(偉そう)


なので最初は、うわぁいらねー!お金払ってもお断りしたいー!
って感じのパチもんのヴィトンあたりを駆け引きしまくりで値切り、
じっくり交渉のコツをつかんでから、本命に行くのがよいと思われます。

ホントにいらないから強気で値切れるし、下がらなかったらあっさり引けますしねー。

そしてうまく値切れたら戦利品として買ってもいいと思います。
パチヴィトン。

空港で没収されるかもしれませんが☆


つーか、こんなに書いててアレですけど、
そもそもみんなこういうとこでは
こんなことうだうだ考えず(つまり要領よく)
一発で値切れちゃってたりすんのかしら?

ブヘヘ。

まぁ、それはそれということで。


とりあえずベンタイン市場は、
ぜひじっくり楽しんでみて下さいなー!


しかし何か、不毛な旅日記ですね☆
ウフフ☆★



あ、そうそう次は、メコンデルタに迫ります。
迫りますっつーか、迫ってきました記。


というわけで【旅にっき②】に続く!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-17 03:24 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき①】ホーチミンぶらぶら。その4。
■今更あたしが言うでもないけどバイクすごい。

ここでも、
a0147661_2121977.jpg


そこでも、
a0147661_2123867.jpg


あそこでも。
a0147661_212585.jpg

まじ、バイク、すげぇ。
ハンパねぇ!

ここを信号ナシで渡ろうと最初に考えたひとは本当にすごいと思う。
ゆ、勇気いるわー。

しかしベトナムに来たからには、観光客であろうとも
このバイクの波への最初の一歩は、自分の力で踏み出さねばなりません。

まじこえー。

手心加わる気配ねぇー。

こええええええー。


と、思っていたのですが…


~私の心境の経過~

第一段階:

ば…こんなん渡れるかー!!!
夜中でも信号守る大和撫子をナメるな!


第二段階:
あ、頑張ったら渡れた…ワーイ!
なんか嬉しいなー!


段三段階:

あら、何回か渡ってたら意外とあたし、
平気になってきたんじゃないかしら?
慣れてきたんじゃないかしら??






快感!


という結果になりました。

唐突に、快感。
(この間:2時間)

でも、ホント、快感!
クレイジートラフィック横切るの超・快・感ー!
フッフー!

(危険思想)


まじ、人間の脳の作りって怖いですね!

と、脳のせいにしてみる試みです。

ていうか、あたしがドMだからそんな風に思うだけかもしれません。
多分に、そうかもしれません。

まぁ、機会があれば各自判断してください☆

でも、フツーに危ないので、
くれぐれも渡るときは気をつけてくださいまっしー!



■ホーチミン、街かどのあれこれ。

a0147661_2303287.jpg
中央郵便局前にて。
ベトナムの女性は、はたらきもの。
そしてこの定番の三角の傘は今でもいろんな人の必需品です。
私も持っているよ。日本じゃ使わんけどな…!

a0147661_2305994.jpg
電線がやばいことに…!!!
そこかしこがこんなんだから、まじビビる。
そりゃ停電しますわよね。

a0147661_2312758.jpg
テトの気配がこんなとこにもチラホラ。
ちなみに道路が濡れているのは、雨が降ったからではなく、
放水車が通ったからです。
乾季だしホコリっぽいからかなぁ。鬼のように放水してたぜ。

a0147661_2315283.jpg
裏道萌え~。
どこで撮った写真か覚えてないけど萌え。

a0147661_2321291.jpg
サイケなゾウさんのイラストがイカす、保育園らしき建物。
気になったけどバスからだったので近寄れず。残念。


その5につづくよ!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-17 02:54 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき①】ホーチミンぶらぶら。その3。
というわけで
前回は夜ばっかり
だったので
今度は昼間のホーチミンいってみますよー!


■やっぱり鳥が好き。

今回ホーチミンを訪れる上で、ひとつ確認したかったこと。
それは…

朝の公園では、
ベトナミーズのおぢさまたちが、
みんな鳥かごを持って茶飲んでのんびりしているらしいってーのは
ホントなのか…!

(元ネタ⇒【DPZ】鳥を愛でながらお茶を飲む、ベトナムの朝)


いやいや、鳥って。あなた。

大のオトナが大勢で。

朝から。

愛でちゃう?

鳥を。

お茶飲みながら?

鳥を。

愛でてしまう?


んなことがあるのかと。






あったと。
a0147661_163090.jpg
公園に鳥カゴ、普通にいた。
これは9時半くらいなので鳥ピークはすぎていたと思われますが、それでももっさり。

a0147661_0474739.jpg
そしてここはおもいっきり鳥かごの下で
主たちがおしゃべりしてる。


ちょ…みんな、仕事は?

そしていつからそこにいて仲良く鳥トークしてんの…?


まぁ、そんな、平日の朝9時過ぎても鳥見てくっちゃべってる彼らを、わたしは小鳥系男子と名付けたいと思います。

男子っつーか、まぁ、みんなおっさんだけど。

(…働け!)


ちなみに油断したら道端にも鳥、いた。
a0147661_0485888.jpg

ホテルの向いの家も、わぁ犬だ~カワイイ~(キャピ☆)とかって
写真撮ってたら、よく見たらこの家も鳥飼ってた。
a0147661_0502379.jpg
(しかもカゴ2個)


わぁ…

ほんとにみなさん、鳥がお好きなんですね☆

(ってー!)


それにしてもアジアンな鳥かごは、異常にカワイイ。欲しい。
鳥の予定はありませんが。

鳥の予定ってなんだろう。



■ベンタイン市場前のバスターミナル。

a0147661_0545132.jpg
ターミナルっつーか、カオス。

写真じゃあんま写ってませんが、
狭い所にひたすら大量のバスと人と屋台が入り乱れてる。

そこ人がバス待つとこじゃね?ってとこでバインミーとか生春巻きガンガン売ってる。

ちょっと気を抜くとおっさんが宝くじみたいの売りつけてくる。

a0147661_05789.jpg

ちなみにここでのバスの乗り方は、乗りたいバス(※車体についてる番号で判別)が見えたら即、飛びだして乗りたいアピールをし、乗せてもらわねばなりません。

a0147661_0574185.jpg
「乗せてくださる?」


しかしぼーっとしてるとバスが来たことに気づけないので、
常に来るバス全てに注意を払わねばならないのです。


じー。

(車が来る方向を凝視)


あたしのバスは19番だよな…


じー。

じー…。


こ、来ない…!


いっぱいバスが山ほど来るから見逃したのか…?!

じりじりじり。


こ…な…い…!


だんだんそうして一点を凝視してることが間違ってる気がしてきて、

あれーもうこれだから異国は!とか思って、

しびれを切らして誰かに聞こうとそこを動きかけたら、

そこに、サッと来た。
バスの奴。

ごめん待ったー☆なんつって。
言われてないけど。



全く…

このツンデレめ…!


(違います)


ちなみに私はここからバスに乗ってスイティエン公園という、
大勢で行くべきテーマパーク的な公園に一人で行ったのですが、
それは濃くてこんなとこでは語りきれないので、また後ほど。

その4につづく。
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-16 01:17 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき①】ホーチミンぶらぶら。その2。
ここからの続き。

これはベトナム名物のバイクラッシュ。
夜でもハンパない。
a0147661_134036.jpg
って、写真が全然撮れてませんが…!!
まぁ、すごい高速でいっぱい走ってたと思ってもらえれば。(適当)

夜のベンタイン市場周辺。
a0147661_14150.jpg
おおきいバスターミナルがあるところ。
ここの交通もカオス!


ここはバックパッカー街として有名なデタム通り。
a0147661_142543.jpg
夜な夜な各国のバックパッカー達でバーは大賑わい。
メコンデルタ等への一日ツアーに$10以内で行けちゃう格安ツアーで有名な
シンカフェやキムカフェもこの通りにあります。

a0147661_145193.jpg
デタムからブイビエン通りに入ってすぐのところにあった
バインミー(ベトナム風サンドイッチ)やさん。

バインミーは、ベトナムのふかふかのフランスパンに、
レバーペースト、ハム、ベトナムなます、パクチー、チリソース
などをたーっぷり挟んでくれる超美味なベトナム名物サンドイッチ!
a0147661_152782.jpg
これで10000ドン(約60円)しないくらい。

ホントもうコレが鬼ウマスなのですよー!
このスタンドのは特においしくて何回も食べました。
思い出したらまた食べたい。やばいー。

ちなみにご飯写真はまた別の日にまとめてうpしまつー。
(食いしん坊万歳なので、ご飯の写真ばかり山のようにあるので☆テヘ)


そしてこれが今回泊まったホテル(の看板)。
a0147661_154676.jpg

このゴックミン(NGOC MINH)ホテルがわたしの泊まったホテルです。
安宿街・ファングーラオ通りから一本入ったとこにあります。
さっきのデタム・ブイビエン通りのあたりからも近いです。


宿のフロントとのとこ。
a0147661_161553.jpg
西洋系バックパッカーのお客さんがいっぱいで活気があるけど夜は静かだし、
何よりスタッフさん全員すごく感じがよく、安宿だけど本当に良いホテルでした。
また泊まりたいなぁ。


というわけでいきなり夜写真ばっかになっちゃいましたが、
昼間のホーチミンはまた次回ー!


その3はここから。
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-12 01:13 | ★2010年・ベトナムのたび
【ベトナム旅行にっき①】ホーチミンぶらぶら。その1。
a0147661_0311073.jpg

今回のベトナム旅行はホーチミン4泊5日ひとりたびー!
a0147661_0313071.jpg
(これは乗り継ぎで一瞬降りた台湾の桃園国際空港)

去年の10月にちょこっとだけハノイには行ったことがあったのですが、
ホーチミン滞在は初めてだったので、あ、アタシ緊張…っ!

というわけで今回は、なまぬるいイラストレーターの
なまぬるい旅を綴ってみますよー!

ひとまず時系列は基本めちゃくちゃですが、
市内ぶらぶらしたときの写真からのっけてきますぷー。


とりあえず空港!
a0147661_032162.jpg
ホーチミンのタンソンニャット空港は日本のODAなので
とても設備がよいです。
今回ベトナムで一番トイレきれいだったのは間違いなくココ…!


空港から切ない夕日。
a0147661_0321845.jpg
ついてすぐだったので17時とかそんな感じ。
別に切なくないか。


ここから夜のホーチミン市内。
a0147661_0332210.jpg
確か20時くらいの、ベンタイン市場近くの公園の広場。

ベトナムの夜の公園にはとにかく人がいっぱいいて、
みんなスポーツしたりのんびり喋ったり、カップルはイチャイチャしたりしてます。

つかそのイチャイチャがね、すごい。
彼氏のバイクの上で2人仲良く座って、ずーっと見つめあいながら愛を語らってる。
すげぇピュア。さわやかラブラブっぷりにこっちが照れるっつーの!

…まぁ、あんま見るなって話ですけども。

でもそんなカップルが冗談じゃなくマジでいっぱいいるので、見ざるを得ません。
というわけであたしは悪くないです。多分。ウヘヘ!

a0147661_0335899.jpg
みんな夜は外に出ているのが本当に好きみたいです。

あたいもこの雰囲気がすごい好きで、夜によく公園でボーっとしてました。
暑いけど乾季だからか外が気持ちいいのだ。


そういえば公園にはテト(旧正月のこと。今年は2/14)が近いせいか、
ニューイヤーのイルミネーションが出てたり、
a0147661_0344469.jpg

公園に特設で舞台を作って出し物?みたいなのをやってたりして
a0147661_035187.jpg
(しかしなんだったんだろうこの舞台…ひたすら大量の一般人が出てた気がする)

そんな感じで、ちらほらテトの雰囲気が出始めていましたー。

2週間以上前でこんなふうに浮かれモードで準備が始まってるくらいだから、
噂に聞くテトの本番は、さぞかしすごいのでしょうとも。
おおおそろしい。でもきになる!


とりあえず続く!
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-12 01:01 | ★2010年・ベトナムのたび
ベトナムからかえってきたとです。
どうもこんちくわ!
なんとか帰ってきましたよーぅ。

といってももう先週の日曜日なんですけどね。

時が経つのって早い☆
ウフフ!

(ブログ更新力がありません)


しかしホーチミン、いろいろあった。いろいろありましたよ。
とても楽しかったです。

5日間でビール1ケース分くらい飲みましたよ。
一人なのに。

そのうち旅にっき上げますー。
はぁネタたんまり。がっぽりがっぽり。


そして、そんなあたしと入れ違いにレイソルはグアムキャンプですよ!

ホント、31日にあたし日本に帰ってきたんですけど、チームは31日に出発って、
こう、あたしもしかして…避けられてる…?ってくらいの入れ違いっぷりで
もう何かすがすがしいよね。
(自意識過剰です)

というどうでもいい話はいいとして。

わたしキャンプはフォトギャラで楽しむ主義ですよ!


あぁ、太陽とヤシの木ががまぶしいな~

あいかわらずハードそうですなぁ~

がんばれよーみんなー

がんば…


え…

あれ…




アルセウ……太った………?

(そこ)


気のせいじゃない。絶対丸くなってる気がする。
特に顔が。
丸顔ということに関しては城北一のあたしが言うのだから間違いないよ。
根拠はないよ。

(どうでもよい事が気になりましたすいません)


そんなこんなで、毎日フォトギャラで擬似キャンプ体験。

やたら日曜責めな日程(まぁJ2ですしね)も出たことだし、
シーズンに向けてがんばれレイソル!


キャンプフォトギャラ的おまけ。
a0147661_17427.gif
あたしが描くと貧相ですが。
本当に毎回ドゥーの裸をみている感がスゴイ。

こっ…こんどうー!ドゥー!

(いきなり筋肉を見せられたからって、DokiDokiなんて…してないんだからっ…!!)
[PR]
by hatame-nikki | 2010-02-05 01:28 | レイソルあれこれ
2009-2010 (c)Megumi Hata All Rights Reserved. 当サイト内の画像などの無断転載、使用を禁じます。